コンブチャを様々な混ぜご飯に入れて調理する方法

By: Ruocaled

コンブチャを主食と一緒に食べるためには、炊きたてのご飯に混ぜることが最適で、栄養価を高めるためにも役立つ方法です。実際に使うときには、旨味を引き出すことを最大の目的にして、他の素材の美味しさを開花させます。混ぜご飯の味が物足りないと感じているときでも、少しだけ加えるだけで、今までとは違った変化が生まれます。

コンブチャの旨味はグルタミン酸が主体で、鰹節のイノシン酸とは絶妙によく合いますから、同時に加える方法もあります。混ぜご飯の中で独特な旨味を生み出して、独特な芳香も醸し出すことが可能な方法ですから、主婦にとっても参考になるはずです。鰹節と一緒に混ぜご飯にしておけば、普段の食卓では重要な栄養源となり、タンパク質とビタミンを余すことなく摂取できます。

混ぜご飯の料理で食物繊維を摂取すれば、慢性的な便秘は解消して、お腹の免疫力も高まります。この恩恵を受けるためには、混ぜご飯にコンブチャを加えながら、タケノコやゴボウなどの根菜を加えることがおすすめです。コンブチャの繊維成分は水溶性食物繊維が主体ですが、根菜からは不溶性食物繊維も摂取すれば、整腸作用は非常に活発になります。さらに、タンパクな味わいの根菜にはコンブチャの深い旨味が加わることで、薄味であっても満足できる風味が作られ、減塩の料理を効果的に楽しめるようになるのもうれしいことです。

ちらし寿司も一種の混ぜご飯のような料理で、栄養バランスも優れていますから、コンブチャを入れて美味しさを倍増させることもおすすめです。寿司酢に加えるだけでも、豊かなコクが生まれるだけでなく、他の素材の持ち味を十分に活かしてくれます。五目ご飯に加える場合には、人参や油揚げとの相性が素晴らしいために、独特な食感も楽しめるようになります。

中華風の混ぜご飯を作るときには、コンブチャと一緒にチャーシューやショウガを加えて、風味豊かな状態で仕上げることができます。あるいは、チャーハンの隠し味として使う場合でも、確かな美味しさを引き出せます。